FC2ブログ

ショコラからクジラへ



19世紀のアメリカの作家でハーマン・メルヴィルという人がいる。『白鯨』を書いた。ほかにも何作か書いていて、最近は日本でも翻訳が出ているが、圧倒的に『白鯨』が有名だろう。これ、アメリカ文学の白眉だと、ぼくは思う。

大藪春彦の小説『野獣死すべし』を原作にした映画か、テレビドラマで、主人公が『白鯨』を原書で読んでいるシーンがあったと思う。『白鯨』は内容から言って、ハードボイルドな主人公が読むのに相応しいのだ。

イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンの曲でMoby Dick(白鯨)というのがある。インストゥルメンタル・ナンバー。ぼくが好きなジョン・ボーナムのドラムソロが炸裂している。ボーナムのドラミングは大きなクジラが暴れているように聞こえる。

白鯨に片足を食いちぎられた、捕鯨船の船長エイハブが白鯨に復讐しようとして航海するというのが物語の本筋なんだけれど、博物学的な脱線が大量にある。この脱線にこそ『白鯨』の真面目(しんめんもく)なのだが、それはさておき……

彼らはなんのためにクジラを取っていたか。
鯨油を取るためだ。鯨油は当時、灯火用油、機械油、洗剤、マーガリンの原料など、多岐にわたって使われていた。つまり金になった。クジラをクリンチでつるして、鯨油を取る場面が『白鯨』にも出てきたと思う。そして鯨油を取った後の死骸は海に捨てる。これも書いてあったように思う。
日本のように肉を食べたり、ひげや皮を加工して様々なものを作ったりするわけではないのですね。彼らにとって、鯨油以外はただのゴミだった。
そう言えばずっと前に、所さんが『私はクジラ無駄がない』というタイトルの本を出していたような気がする。上手いタイトルだと思ったので憶えている。命をいただくわけだから、日本人はクジラを無駄なく利用していた。

今日の英会話の授業でイギリス人の先生が、捕鯨だけが日本の欠点だ、みたいなことを言い出したので、みんなで反論したのだが、「命をいただく」という感覚が欧米人には理解できないようだ。

ニューヨークの沖などアメリカの海には、海が真っ黒に見えるほどクジラがいたと言われている。それを鯨油のためだけに殺したのは彼らなのだが……

2019/01/16 17:54 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

ショコラ



昨年読み始めた本を、年を越して読み終えた。
タイトルは『ショコラ』。600ページ近い長い本だったが、長さを感じなかった。
キューバのハバナ生まれの奴隷ラファエルが、ご主人の都合でヨーロッパに連れてこられ、いろいろあって、パリでサーカスのクラウンになる。芸名は肌の色から付けられたあだ名ショコラ。
ショコラはベルエポックのパリで唯一の黒人クラウンで、フランス人に絶大の人気があった。
ところが現代では全く忘れ去られていた。というか、葬り去られていた。
ショコラの存在を認めることは、奴隷制度や人種差別があったマイナスの歴史を直視しなければならないから。

アメリカ以外、南米や中米でも黒人奴隷がたくさんいた。ぼくたちはアメリカにしか黒人奴隷はいなかったと思い込んでいるが。そして、これらの地域で奴隷が解放されたのはアメリカよりも遅かった。こういう歴史、学校では習わないよね。

自由主義、人権などと言っても、ほんの100年前まで、黒人に対する差別意識を持っているヨーロッパ人がたくさんいた。本人はそうではないと思っているから厄介だ。今の時点で、フランスの知識人らの言動を見ると、それがよく見える。

ノワリエルは、ヨーロッパ人の無神経さ、差別意識に批判的だ。悪かったものは悪かったと書く。

資料が少ないので、ノワリエルの筆致は想像に傾きがちだ。それが功を奏している。歴史学の枠を超えて、面白い物語になっている。

翻訳もいい。数か所誤植があるし、若い訳者なので日本語表現の誤用もあるが。
以前取り上げた『塗りつぶされた町』の翻訳よりも面白く読める。

2019/01/08 21:30 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

ロール・モデルの話からポール死亡説へ



これも旧聞に属する。
昨年、英会話の授業で、現在のアメリカには、若者のお手本となるような生き方をしている、いわゆるロール・モデルがほとんどいないという記事を読んだ。
イギリス人の先生に、ではイギリスではどうかと聞いたら、即座にノーという答えが返ってきた。イギリスにもお手本となるような有名人はいないんですね。
誰かがジョン・レノンはどうかとか、リンゴ・スターはどうかと尋ねた。話の流れで、ポール・マッカートニーの名前が出た時、イギリス人の先生が、ビリー・シアーズがポールの替え玉をしている、というような話をした。
なんのことかと、皆一瞬顔を見合わせた。

ビリー・シアーズというのはビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の1曲目「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の最後に出てくる架空の人物の名前だ。次はビリー・シアーズの登場です、とポールの歌声で紹介されて、2曲目の「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」が始まる。これを歌っているのは、リンゴ・スター。
『アビー・ロード』のジャケットでポールが裸足で歩いているのは、ポールが死んだからだという噂は当時からあったが、ビリー・シアーズ替え玉説というのは知らなかった。

ぼくたちの英語の先生は特に音楽に詳しいというわけでもなさそうだが、ネイティヴというのは、こういうちょっとしたことを小耳に挟んでいるんですね。 

2019/01/07 17:18 | 音楽COMMENT(0)  TOP

高中とラリー



高中とラリー・カールトンについて確認した。
高中の「ブルーラグーン」は、日本テレビで日曜にやっている「シューイチ」の、中丸君の「マジすか」のコーナーで、流れたのだという。で、この曲だとなったわけだが、メロディだけなので曲名を探すのが大変だったという。
ラリー・カールトンはroom 335という曲を、やはり、何十年かぶりで、見つけたという。
と、ここまで、昨年末の忘年会で聞きました。

聴いていただくと分かるが、高中とラリーの曲の雰囲気が似ている。
当時流行った、いわゆるフュージョンというやつだ。

というわけで、相も変わらず、今年もとりとめのないことを書いてゆきます。

2019/01/04 18:32 | 音楽COMMENT(0)  TOP

ラリー・カールトン



英会話のメンバーの方が、何十年も前に聞いていいなと思った曲を、最近ラジオを聞いていてタイトルと演奏者を知った、と言った。
ラリー・カールトンと高中正義が共演している曲だったという。
ラリー・カールトンは往年のジャズギタリストだ。
確か、若い頃は長髪で貴公子然としていた。今ではかなり渋い感じになっている
高中はもともと強面だから、いまも変わらない。

で、ぼくが「ラリー・カールトン」が出てくる歌があるよね」と言ったら、ほとんどの人が知らなかった。高田みづえが歌った『私はピアノ』ですよ。
桑田圭祐の曲。原由子のボーカルでサザンも歌っていた。
メロディが、ちょっと『恋の片道切符』に似ている。
2番ではビリー・ジョエルも出てくる。
メロディに入りきらないので、「ビリー・ジョー」と歌っている。
ネイティヴは省略して、ビリー・ジョーと言うのかどうか知らないが、当時はこの言い方が妙に印象に残ったのを憶えている。

ここまで書いて、「ハンプラグド」を確認したら、高中と共演しているのは、リー・リトナーだった。
あとで英会話のメンバーの方に確認してみよう。

2018/12/13 21:50 | 音楽COMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»