FC2ブログ

学問の面白さ



渡部昇一という人を知っているだろうか。
テレビで見たことのある方もいるかもしれない。
テレビの討論番組などで保守的な意見を言っていた。
保守系の評論家という印象を持っている人も多いと思うが、実は渡部昇一は英語史、英語学、英文法などの権威だったのである。
テレビでこの手の話をすることはほとんどなかったので、渡部のすごさが伝わらなくて、ぼくとしては非常に残念に思っていた。

学生の頃に渡部の『秘術としての文法』という本に出会い、その後、渡部が書いた英語学関係の本をかなり読んだ。ドイツ留学記(確か上下2冊で講談社現代新書からでていた)まで読んだ。

渡部という人は本当によく学問をしている。そして物事の本質を捉える力がある。

この本にはおもに講演が収められている。西洋と日本の文化の比較、ダーウィンの進化論とウォレスの進化論、チェスタトンについてなど、平明な語り口で、短くまとまっているが、本質をついている。そして、話の背後には膨大な学識が窺える。
 しかも、話が面白い。
 特に「英語教育における英語史の効用」という講演で、「規則を覚える文法、英文を解剖的に読んでいく文法を軽視することは、志のある学生に対する犯罪である。教師はそう腹をくくって教えるべきだ」という言葉には感銘を受けた。
 なぜ受験参考書的(プレスクリプティヴ)な文法が必要かは、ぼくが要約するよりも渡辺自身の講演で読んでいただいた方がよくわかるだろう。

2019/08/12 17:25 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

使用人が必要だった。



考えてみれば当たり前のことだが、なかなかこういうことに思い至らない。

ヴェルサイユ宮殿は、そこに住む主人たち、つまり王侯貴族だけでは維持してゆけなかった。
そこには、4000人を超える使用人がいたという。
侍従、医者、身の回りを世話する人々、料理人、厩舎の管理、語学教師、消防士、神父その他大勢の人々が働きながら暮らしていた。

また、ヴェルサイユは宮殿を中心とする街だった。
宮殿内に住めない人々は街に住んでいた。

原著は1960年代に出た古い本だが、いまだに読み継がれているという。
日本語訳はこれが初めてのようだ
時々気になる表現はあるが、読みやすく、分かりやすい翻訳になっている。

筆者は古文書学の専門家だったそうだ。
当時の手紙、出生証明書などの教会の記録、メモ、領収書など、あらゆる古文書を精査している。
読んでいると、よくこれほど大量のメモなどが保存してあったものだと、感嘆する。
使用人が書いた手紙などどこかへ行ってしまうのではないかと思うのだが。

そして、これらの古文書を繙いて、興味深い話に再構成する筆者の筆力がこの本を面白くしている。

意外だったこと。
ヴェルサイユで働いていた使用人の一人は、長年仕えたことに対して年金を申請している。
革命で王制がひっくり返ったのだから、年金を欲しいと請求する対象そのものが無くなったのではないかと思ったが、そうでもないようだ。
フランス革命後もしばらくは、王制が維持されていたということか。

2019/07/06 22:28 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

運河はいかが



最近はインターネットで予約することが多く、図書館にはめったに行かない。この間時間をつぶすために図書館に入った。
久しぶりに児童書コーナーを覗いてみたら、「フランスの運河」という文字が目に飛び込んできた。運河好きのぼくとしては(ぼくは「いろいろなもの好き」、なのだ)、看過できない。早速手に取って、中も見ないで借りてきた。まあ、現代児童文学界では名の知られた山下明生の作品だから、面白いに決まっているだろう。
 ハリネズミのチコとチカの兄妹が、カラスのモノイイと地中海からフランスの運河、そしてポルトガルのナザレまで旅をする。途中、アカギツネ窃盗団をやっつけたりする活劇もあるが、チコの訪ねる街の紹介などが入り、観光案内にもなっている。
 ぼくはフランスの運河(とても美しい!)に興味があったのだが、山下の話では、アドリア海のコルチュラ島から地中海経由でマルセイユに行きカルカソンヌから、やっとミディ運河に入る。そしてバルセロナ(もちろんサグラダファミリアも見る)から、カラスの背中に乗ってナザレに帰る。チコたちが訪ねるところが少し多すぎるような気がする。
せめて話の3分の2くらいは、ミディ運河を舞台に話を展開してほしかった。運河好きのぼくとしては。
面白い話ではあるんだけどね。
 
シムノンのメグレ・シリーズで運河が舞台のがあったと思うけど(『メグレと運河の殺人』)、あれなどは殺人事件の舞台としての運河というよりも、運河とそこに集う人々を描くのが目的のような作品だった。人間も、運河の雰囲気も、とてもよく描けていた。

2019/06/18 17:18 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

ひどい男



『鉄幹 晶子全集』の「巴里より」を読んでいると、鉄幹はフランス語が話せたようだ。フランス語から翻訳した文章も載せているから、読むのも不自由しなかったらしい。
 鉄幹はどのようにしてフランス語を身に付けたのか気になったので、渡辺淳一の『君も雛罌粟(コクリコ) われも雛罌粟(コクリコ)』を読み出した。渡辺は『失楽園』みたいな小説ばかりでなく、本格的な伝記小説もいくつか書いているのだ。
鉄幹は子供の頃、僧侶だった父親から漢学をたたきこまれた。英語も習った。フランス語をどうやって身に付けたかは、いまのところ出てこない。まだ、上巻の初めの方しか読んでいないので、のちに出てくるかもしれないが。ただ、ほとんど学校には行っていないようなので、独学で身に付けた可能性が大きい。
それにしても、鉄幹という男はひどい奴だ。
ぼくはつねづね作品と人物は全く別物だと思っている。どんな奴が書こうと、作品が良ければそれでいいのだ、と思っているのだ。
しかし、ですね。
鉄幹という人物はいただけない。
金目当てに、金持ちの娘に結婚を申し込む。そして最初の妻との子供が死んで離婚したら、即別の金持の娘に結婚を申し込む。そして、妻の実家から金を出してもらい、『明星』の前身となる雑誌を刊行する。
『明星』に投稿してきた晶子にも目を付けて、晶子の歌を破格の待遇で『明星』に掲載する。晶子の実家が堺市の老舗羊羹屋だと知ってのことと思われる。
ヒモと呼ばれる人たちでさえ、これほどあからさまではないのではないか。

2019/06/17 22:49 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

Iko Ikoから始まった



今日の新聞を見ていたらドクタージョンの訃報が……と言っても、ドクタージョンって誰? という方が多いかもしれない。
ドクタージョンは、ニューオリンズ出身の歌手・ピアニスト。ギターも上手かった。
ニューオリンズ独特のリズム、セカンドラインでピアノを弾いて歌った
昔『ガンボ』というアルバムに出会って、ぼくはニューオリンズ・ファンクにハマった。セカンドラインのリズムが心地よかった。
ドクタージョンのバックで演奏していたのが、ミーターズだった。
ミーターズにもハマった。タワーレコードのニューオリンズ・コーナーでCDを地道に集め、現在ほとんど揃っている。しかし残念ながら、近所にCD店がなくなって久しい。
ぼくが最初にドクタージョンのレコードを買ったのは、内容など全く知らずに、ジャケット買いだったと思う。それが『ガンボ』だった。
外れもあるけど、店頭だと意外な出会いもある。

ドクタージョンは、マック・レベナックという本名で、ニルソンなど様々なミュージシャンのバックでピアノを弾いている。ドクタージョンがピアノで参加しているアルバムを捜しては聴いたものだ。
ドクタージョンは、ぼくにとって様々なミュージシャンへの入り口でもあった。

2019/06/08 15:17 | 音楽COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»