ドン・キホーテへの旅 2



先に記したように、『ドン・キホーテ』の日本語訳になかなかこれぞというものがなかったので、新訳の出る余地はあった。
そこで2005年の新潮社版と2012年の彩流社版が出たようだ。
新潮社版は、「セルバンテスの語り口を大切にして講談調の文体を心がけた」という。
確かに読みやすい。短いセンテンスで畳み掛けるように訳していて、この日本語だけで、他と読み比べなければ、これはこれで面白いかもしれない。
しかし、セルバンテスの文体は息が長く、饒舌な文体だ。このうねうねと続いてゆく文章のうねりのようなものが魅力になっている。堀口大學の訳はこの辺のところがわりとうまく出ているように思う。それに比べて、新潮社版は「超訳」といってもいいような仕上がりだ。
そして、これは以前にも書いたことだが、ぼくたちはもはや、鴎外の『舞姫』のような擬古文は書けない。
子どものころから古文や漢文を叩き込まれてきていないし、大人になってからだって、学校で古典は習うものの、擬古文が書けるようなレベルに達することは不可能だ。ちょっと考えればわかることだが、『源氏物語』はスラスラ読めても、『源氏』のような文章を書くことはできないのである。いや、もっと時代を下って、漱石や鴎外の文章がスラスラ読めて十分に楽しめる人でも、漱石や鴎外のようには書けない。
読むのと書くのは、全く別物なのである。
これはぼくにとっては自明の理なのだが、最近の翻訳者の中には全く自覚のない人がいる。
1例を挙げれば、新潮文庫の『嵐が丘』の新訳。
翻訳者ご本人は、古めかしい文体で、上手に書いているつもりでいるようだが、ぼくには、陳腐で、大時代的としか感じられない。
この翻訳者、明治期のものはかなり読んだとどこかで自慢していたが、読むことと書くことは全く別物だということを自覚していないらしい。
もしたくさん読むだけでいい文章が書けるようになるのなら、世の読書家は皆、名文家になっているはずだ。しかし、そうはならない。これは口語文でも文語文でも同じだ。
だからぼくたちは、ろくに書けもしない文語的な表現はあきらめて、口語文で何とかしなければならない。
80歳代以下で、いや、私は書けると思っている人がいたら、それは、ぼくに言わせれば、自覚の足りない人である。
『ドン・キホーテ』から例を挙げよう。
ドン・キホーテが平原を歩きながら、もしこの自分の旅の初めが文章に書かれることになったら、次のようになるだろう、と考えるところがある。
それが、原文では古めかしい表現になっているようで、堀口訳でも、彩流社の新訳でも、新潮社版でも、擬古文風に訳してある。
新潮社版で、46ページの後ろから3行目の訳文を引く。

「アポロンの陽は……(中略)、果てし無い大地のかんばせにぞ輝きけり。」

古文の決まりで係り結びというのがある。中学や高校で習ったことがあると思う。「ぞ」ときたら、文の最後は「連体形」で受ける。
だからここは「かんばせにぞ輝きける。」が正しい。
百人一首の源宗于(みなもとのむねゆき)の歌に、

山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬと思へば

というのがある。ここに出てくる「ぞ」「ける」がまさに係り結びだ。
また、彩流社版で気になるのは、訳者が前書きで、「すべからく」を「すべて」の意味と勘違いして使っているところ。
高校レベルの漢文を習うと教わるが、「須らく」は「須らく~すべし」という言い方で使用する。「ぜひとも~しなければならない」という意味である。
文語文風の訳文を書こうとする者が、「須らく」という基本語の意味を取り違えているようでは心もとない。
この訳者、「没義道(もぎどう)」とか、「昧爽(まいそう)」とか、やたらと難しい漢語を使っているが、こういう言葉を使うにはそれにふさわしい文体が必要だということに気づいていないようだ。
55ページでは、「いかな騎士とも干戈を交えることはできない」と書いているが、「干戈(かんか)」という言葉は、1対1のときには使えないと思う。
干戈とは「戦争」のことで、国と国が干戈を交えることしかできない。
少なくともぼくはそう思う。

こう見てくると、やはり堀内の訳は一味違う。

2014/09/21 10:00 | 語感COMMENT(0)  TOP

ドン・キホーテへの旅



ずいぶん以前から『ドン・キホーテ』に興味があった。
面白そうだと思っていた。
ただ思っていただけではない。
いろいろと読んでみたりもした……というか、読もうとした。
しかし、これといった翻訳に出会わなかった。
最初は岩波書店の翻訳で読んだ。今は岩波文庫になっているが、当初はハードカバーで、大きくて立派な本だった。
ところが、翻訳の日本語がいけない。1ページの中に同じ接続詞が何度も出てきたり、今現在ぼくたちが使っているようなカタカナ言葉が出てきたりする。
訳者は有名な先生で、NHKのスペイン語講座で講師をしていたこともあったと思うが、日本語のセンスがぼくには合わなかった。(最近、彩流社から出た『ドン・キホーテ』の翻訳の「まえがき」では、スペイン語界の重鎮を批判できないのだろう、カタカナ語を取り入れた「斬新な訳」とコメントしていた。)
で、1985年に晶文社から出ていた会田由の訳(現在はちくま文庫)を読んでみたが、これも途中までしか読めなかった。やはり日本語がしっくりこない。
そうこうしているうちに、「いい翻訳がなくて『ドン・キホーテ』は正編しか読んでいない」と丸谷才一が発言しているのに出くわした。
そうか、丸谷もぼくと同じように感じているのかと、思わず膝を打った。
そこで、丸谷が「読める翻訳」として挙げていたのが、堀口大學訳の『ドン・キホーテ』だった。これが正編しかないので、丸谷は先のように発言したわけだ。
これは知らなかった。
さっそく古本で注文する。
なるほど読める日本語で書かれている。
堀口はスペイン語も読めたらしく、スペイン語から翻訳したと「まえがき」で書いているが、フランス語訳を参照したとも書いている。どちらかというとフランス語訳からの重訳の可能性が高いでしょうね。
この辺のところは、彩流社版『ドン・キホーテ』の「まえがき」でも、やんわりと指摘しているような気がする。
しかし、「読める日本語」になっているのは今のところ、堀口のものだけだろう。
2005年には、新潮社から超訳風の翻訳が出ているし、新訳と銘打っている彩流社版(2012)もあるわけだが。

新潮社版と彩流社版の日本語については次回に譲る。

2014/09/17 17:16 | 語感COMMENT(0)  TOP

普段! 普断?




長谷川如是閑のロンドン紀行に『倫敦!倫敦?』(岩波文庫)というのがある。
内容はほとんど覚えてないが、とっても面白かったという記憶はある。
タイトルはこれから借りた。

丸谷才一の全集第1巻のメインになっている『女ざかり』を読んでみた。
吉永小百合主演で映画化されたから、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれない。
丸谷のものは、出ると同時に読んでいるので、再読である。
久しぶりで読んだ。内容をほとんど忘れていたので、面白く読めた。
次々に面白い趣向を凝らしている。
ストーリーも上手くできている。次がどうなるか気になって、どんどん読まされてしまう。
興味のある方はお読みください。

で、いきなり本題に入る。
『女ざかり』を読んでいて、「普段」という漢字が気になって仕方がなかった。
ぼくが気づいただけで、11箇所「普段」という言葉が使われている。
『鈍感な青年』のように「普断」ではなく、ふつうの「普段」。
小説を読むとき「普段」が何回使ってあるかなんて数えたことはないから確かなことは言えないが、これはけっこう多いのではないかという気がする。
『女ざかり』の次に収められている『おしゃべりな幽霊』には、「普段」が1例も出てこない。これは短い作品だから『女ざかり』とは比較にならないと言えば、比較にならないが。
丸谷ほど用字用語や文体にこだわる書き手が、無造作にこれだけたくさんの「普段」を、『女ざかり』で使うとは思えない。きっと何か意図があるのだろう。
それにしても、「普断」は、『鈍感な青年』に1例だけというのは、気になる。
やはり誤植か。
これからしばらくは、丸谷の小説を読むたびに「普段」の数をかぞえてしまいそうだ。

2013/12/22 18:42 | 語感COMMENT(0)  TOP

これだけ? 補遺



「ふだん」の漢字表記が気になったので、日本国語大辞典を引いてみた。
ふだん【普段】を引くと、⇒ふだん(不断)②、とある。
そこで、「不断」を引く。語義をまとめると、次のようになる。

ふだん【不断】
①物事が絶えないこと。絶え間なく続くこと。またそのさま。
②(当て字で「普段」とも)いつもと同じようであること。はじめからすこしも変わらないこと。いつもの状態であること。またそのさま。いつも。へいぜい。通常。日常。
③決断力がないこと。ぐずぐずしていること。

「補注」に、「②の意味に対応するようにあてられた表記は『平常』『平日』『平生』『平素』などが見られる。『普段』は明治以降の当て字」とある。
「平常」「平日」「平生」「平素」をすべて「ふだん」と読んでいたようだ。

②に挙げられている明治以降の例を以下に示す。
・若松賤子訳『小公子』から、「然るに、セデー丈には、普段(フダン)と違って、よく注意したといふものは」。
・漱石の『彼岸過迄』から、「敬太郎は此点に於て実際須永が横着過ると平生(フダン)から思ってゐた」。
・中原中也の『在りし日の歌』から、「彼はよそゆきを普段に着てゐた」。

明治以前の例文では、江戸時代の滑稽本『七偏人』(1857-63)で「平常(フダン)」、その前の『好色一代女』で「不断(フダン)」と書いている。
もっとも古い例は、1275年の『名語記』という本からで、「不断」。

もともと、「不断」だったものが、②の語義に限って、いろいろな字を当てられるようになったというのが、おおよそのところらしい。

丸谷才一全集第5巻及び文春文庫『樹影譚』収録の『鈍感な青年』で使われている「普断」は、大国語には載っていなかった。広辞苑にもない。丸谷のことだからきっと何か理由があるのだろうと考えながら、全集第5巻を読み進めていくと、『夢を買います』で、「なんて普段と違う声で言うの。」(48ページ13行目)というところに出くわす。
ここは「普段」となっている。
さらに読み進めると、『墨色の月』でも、「マスターは普段はもっと遅くはじめるのだが、」というくだりがある。
ここも「普段」。
文集文庫『樹影譚』に収められている『夢を買います』を確認すると、「普段」となっている。
ついでに『樹影譚』も読んでみると、「普段とは違ふ方角に足を運び、」(84ページ4~5目)と「普段の詮索好きとは違って」(109ページ後ろから2行目)の2つが目に付いた。
どちらも「普段」。
さらに、『挨拶はたいへんだ』(朝日文庫)をぺらぺらめくっていたら、詩人入沢康夫の高見順賞贈呈式での祝辞で、「普段と違うコースで、」と言っている。
ここも「普段」。

こうなると、「普断」が丸谷の書き癖とは言いにくい。
なぜ『鈍感な青年』だけ「普断」なのか。
やはり誤植なのか。それとも、何か意図があるのか。
編集委員に訊いてみたいところだ。

2013/12/12 11:51 | 語感COMMENT(0)  TOP

頼うだお方



『官僚ピープス氏の生活と意見』という本を読んでいたら、25ページで、milordを「頼うだ御方」と訳していた。
英和辞典によると、milordは「御前(ごぜん)、だんな、英国紳士」などという意味だ。
筆者はこれを、ちょっと古めかしく、「頼うだ御方」と言ったものと思われる。
いくつになっても知らない日本語がありますね。この言い回し、初めて聞いた。
まだ読み始めたばかりだが、読書は中断し、少し調べてみた。
そもそもこれ、なんと読むのか。「たのうだ」でいいのか。いいらしいですね。

手元の電子辞書(大辞泉)には、「頼うだ御方」では載っていなかったが、「頼うだ人」なら載っている。
「自分の頼みとする人。主人。」と語釈があって、狂言「末広がり」から、「こちの頼うだ人のやうに、ものを急に仰せ付けらるるお方はござらぬ」という例が挙がっている。

広辞苑第6版(2008)にも、見出し語は「頼うだ人」しかない。語釈には、「わが主人と頼んだ人。主人。頼うだ御方。頼うだ者。」とあるが。
やはり、狂言「末広がり」の例が挙げられている。大辞泉と同じ箇所から、「こちの頼うだ人のように」の部分だけが引用してある。

日本国語大辞典には、見出し語に、「たのうだ=人(ひと)[=お方(かた)]とある。語釈は、「身内・主人と頼んだ人。主人。」だ。
そして、狂言「末広がり」から、大辞泉、広辞苑と同じ箇所が引用してある。というより、大辞泉や広辞苑が、大国語の用例を使っていると言ったほうがいいかもしれない。
大国語には、他に3つほど用例が引いてある。一番古い用例は、天草本伊曾保物語(1593)から。ちなみに、伊曾保物語は、イソップ物語のこと。

ところで、「頼うだ御方」を使っている文章を見つけた。夢野久作の「お茶の湯満腹記」というエッセイ。3ページ足らずの短いものだが、5回使っている。「頼うだ御方」が3回、「頼うだ人」が1回、「頼うだお方」が1回と、表記の仕方はまちまちだ。
夢野久作が、「頼うだ御方」と「今一人の富豪」と3人で、三井物産の設立者、益田孝の家を訪問する。益田は茶人としても有名で、3人はお茶をいただく。そのときの様子を少し茶化して書いたのが「お茶の湯満腹記」だ。

益田孝は英語が堪能で、有能な実業家であった。また茶人としても有名で、鈍翁と号し、利休以来の大茶人と称されたという。大実業家で、趣味人。なんだか、テレビドラマに出て来る黒幕みたいなイメージだな。
ま、それよりも、この人の玄孫、つまり孫の孫が、歌手の岩崎宏美と結婚していた益田なんとかさんだ、という情報のほうが、皆さんには興味深い、かな。

2013/10/31 14:48 | 語感COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»