シャンソンの名曲3



なぜか歌手の名前だけ記憶にあるものがある。1人目は、第9巻7曲目に出てくるミシェル・デルペッシュ。デルペッシュという珍しい響きの名前が、名前好きのぼくの記憶に残っていたのだと思う。しかし、彼が歌う「哀しみの終わりに」は聞いたことがあるような気もするし、ないような気もする。布施明を彷彿とさせる歌い方で、声も似ている。メロディーは日本人好みだが、歌詞は、洪水で家は壊れてしまったが、2人で建て直そうといった内容だ。このメロディーからだと、日本では失恋の歌を連想するが。
そう思っていると、「愛の歴史」同様、これもサーカスが「去りゆく夏」としてカバーしていた。原曲の力強い歌詞に比べて、内容が空疎。このヘナチョコぶりは何なんだ! と笑い出したくなる。メロディーも同じ歌とは思えないほど、ヘナヘナになっている。

名前に聞き覚えがある歌手がもう1人いる。第5巻の11曲目から出てくるエンリコ・マシアスだ。もっとも彼の「恋心」(L'amour, C'est Pour Rien)という歌はよく知っている。♪恋なんて 何になるの~という歌ですね。永田文夫が訳詞している。しかしこれは、原詞と内容が逆だという指摘がある。たしかに、原曲は恋を肯定的にとらえている。そしてサビの部分で、恋は何かのためにするのではない、お金で売ったり、買ったりできない、と歌っている。Can’t buy me loveですね。
L'amour, C'est Pour Rienというフランス語は直訳すると、「恋は何のためでもない」という意味だ。pour rienは英語で言うとfor nothingで、「無駄に、無料で、見返りを求めず」といったところだろう。永田はこれを否定的に取ったんですね。たしかに、L'amour, C'est Pour Rienだけなら、恋なんて無駄なことだ、と取れなくもない。原曲の歌詞を読むまではぼくもそう思っていた。しかし、歌詞のほかの部分が恋を肯定しているので、恋は何かのためにするのではなく、恋のためにするのだ、というような解釈になるだろう。
そうはいっても、ぼくは永田訳が好きだが。

永田文夫の訳詞では岸洋子が歌っている。ほかに、菅原洋一が歌う、なかにし礼の訳詞もある。これは永田以上に恋に否定的だ。岩谷時子の訳詞が原詞にいちばん近いだろう。3番は少し違うと思うが。歌っているのは越路吹雪。
えっ、越路吹雪って「愛の讃歌」ですよね。日本語の歌詞が原曲と離れていると言われている、あれですよね。そう言えば、「愛の讃歌」の作詞は岩谷時子だった。

「幸せを売る男」といい、「恋心」といい、越路吹雪って、何かにつけて、日本のシャンソンに立ちはだかるなあ。

2017/07/17 21:49 | 音楽COMMENT(0)  TOP

シャンソンの名曲2



メロディーに聞き覚えはあるが、タイトルが記憶にない歌もある。
例えば、第4巻の10曲目に入っているダニエル・ダリューの「小さな花」。これ、いい歌ですよ。調べてみると、ザ・ピーナツがカバーしていた。クラリネットの北村英治も吹いている。おそらく、それでメロディーに馴染みがあるのだろう。
ウィキによると、ダニエル・ダリューは「フランス古典派美人女優」なのだそうだ。分かったような、分からないような形容だが、写真を見ていただくと「なるほど古典派美人」だな、と納得していただけるかも。
彼女は女優として活躍したが、歌も踊りも上手かった。なんでこんなに歌が上手いかというと、彼女、もともとコンセルヴァトワール(パリ国立高等音楽・舞踊学校)で、チェロを学んでいたそうだ。音楽家を目指していたらしい。音楽の才能の方が先なんですね。デビューは14歳の時で『ル・バル』というミュージカル映画だ。
経歴を見ていて驚いた。
ダリューは『ロシュフォールの恋人たち』に出ているのだ。(50分のあたり。)双子の姉妹の母親イヴォンヌ役。『ロシュフォールの恋人たち』は、ぼくの好きなミュージカル映画で、このブログでも何度か取り上げている。しかし、『小さな花』を歌っている歌手と『ロシュフォール』のイヴォンヌが同じ人とは、気が付かなかった。映画はYou Tubeで見ているだけだから解説はない。CDは図書館で借りたものだから、USBに曲を入れただけで、解説をよく読んでいなかったのだ。
この映画、カトリーヌ・ドヌーブをはじめ登場人物は歌っておらず、ボーカルは別にいる。野口久光の解説は、歌手たちについても詳しいが、ダリューに関して、「有名なシャンソン歌手のダリュー」としか書いていない。野口にしてみればダリューは有名すぎて解説する必要がなかったのだろう。まあ、ぼくが無知だったということですね。
役者と歌手を截然と分けている中で、一人だけ演技も歌もこなしている人がいるのは、CDの解説で知っていたが、その時点ではダニエル・ダリューという名前はまだぼくにとって何物でもなかったのだ。
ダリューは1917年生まれ。今年で100歳になる。

2017/07/10 16:35 | 音楽COMMENT(0)  TOP

シャンソンの名曲1



図書館で検索していたら、10枚組の『シャンソン名曲大全集』というCDがあった。早速、第1巻と第2巻を借りてみた。永田文夫による分厚い解説書が付いてきた。歌詞カード、訳詞、収録されている歌手の略歴、曲の紹介と、かなり詳しい。
いまのところ、1、2、3、4巻と9、10巻を聴いたが、1枚のCDに1曲か2曲は聞き覚えのある歌がある。昔からシャンソンに興味はあったが、わざわざレコードを買ってまで聴くことはなかった。ほとんどはNHKFMなどからの聞きかじりだ。ということは、逆に言えば、ぼくのセンサーに引っかかった曲は日本でもかなりヒットした曲ということになる。
もちろん、「オー・シャンゼリゼ」とか、「夢見るシャンソン人形」とか、日本でもよく知られている曲も入っている。以前紹介した、サーカスの「Mr.サマータイム」の元歌、「愛の歴史」も入っている。また、「ラストダンスは私に」や「花祭り」なども、シャンソンとして歌われている。
「聞かせてよ、愛の言葉を」「待ちましょう」「暗い日曜日」「パリ祭」「あじさい娘」など、曲名だけ知っていて、メロディはほとんど知らない曲もある。
「そして今は」(グロリア・ロッソ)は、なんとなく聞いたことがあると思った。調べてみたら、オリジナルはジルベール・ベコーだった。「リラの花咲く頃」は宝塚で知られている、「すみれの花の咲く頃」の元歌だ。
第3巻の1曲目に入っている「幸せを売る男」というのも聞き覚えがある。♪おいら街の 幸せ売りよ~というやつですね。と思ってYou Tubeで検索してみると、越路吹雪やザ・ピーナツは歌詞が違う。宝塚や先代の林家三平も越路吹雪バージョンで歌っている。田辺優理子、別府葉子などは、♪おいらは街の 幸せ売りよ~と歌っている。「幸せを売る男」と言ったらこれだろう。越路吹雪なんか知らねえよ……と、言いたいところだが、皆さんはどうだろう。
ぼくが聞きおぼえていたのは、高英男のバージョンだったらしい。珍しいところで、女優宮城まり子も「幸せを売る男」を歌っているが、高英男バージョンを採用している。しかし、宮城は「おいら」ではなく「私」と歌っている。You Tubeで検索すると、越路派と高派と半々くらいに分かれるが、どちらのバージョンも何故か女性が歌っていることが多く、ほとんどが「私」と歌っている。男性も一人いるが「私」と歌っている。「おいら」を採用しているのは、ぼくが聞いた限りでは、田辺優理子だけだ。いわゆる「刷り込み」というやつで、ぼくは最初に聞いた「おいら街の 幸せ売りよ」がベストだと思うが、いまどき自分のことを「おいら」なんて言うのは北野武くらいしかいないからなあ。
You Tubeで良く聴くと、越路、高の歌詞とは違う、第3のバージョンもあるようだ。

2017/06/27 21:51 | 音楽COMMENT(0)  TOP

話はトッド・ラングレンへ



ジャズオルガン奏者と言えばジミー・スミスが有名だが、スミス以外にもオルガン奏者がいないわけではない。60年代に活躍した女性ジャズオルガン奏者シャーリー・スコットがいる。ボーカル以外で、女性のジャズ奏者は当時かなり珍しかったはず。今でも、ピアニストは大勢いるけれど、他の楽器となると数えるほどしかいない。それでもサックスとか、ベースとか、ドラムとか、女性のプレーヤーが目立つようにはなってきた。

シャーリー・スコットはソウル風のナンバーを演奏するのが得意だった。で、Shirley Scott & The Soul Saxesというアルバムを聴いていたら、Stand By MeやGet Backに混じって、聞き覚えのあるメロディが聞こえてきた。
記憶をかき集めてなんとか思い出したのは、この曲、確か、映画『マイ・ガール』で使われていたということ。女性ボーカルだったような記憶がある。早速『マイ・ガール』のサントラ盤を聴いてみると、あった。The Spiral Starecaseというグループが歌っている“More Today Than Yesterday”という曲だった。ソウルナンバーで、黒人女性ボーカルグループが歌っているものとばかり思っていたが、白人の5人組のロック・グループが歌っていたのだ。
『マイ・ガール』のサントラ盤には他に、フィフス・ディメンションのWedding Bell Bluesが入っている。ぼくが好きなローラ・ニーロが作った名曲だ。その他、シカゴの Saturday in the Park(これも、ぼくの好きな曲)とか、CCRの Bad Moon Risingなど往年のヒット曲がたくさん入っている。
その中で、トッド・ラングレンのI Saw the Lightは、今回聴き返してみてまた新たに「いい曲だな」と思った。そこで、図書館でI Saw the Lightが1曲目に入っている2枚組のアルバムを借りた。今聴いているけれど、I Saw the Light以外にいい曲がないんだな、このアルバムは、やはり。
実はぼくは以前このアルバムを持っていたのだが、ブックオフか何処かに売ってしまった。今回聴き返してみて、やはりあれは正解だったと思った。
それにしても、I Saw the Lightはどうしてこんなにいい曲なのだろう。

2017/05/13 17:32 | 音楽COMMENT(0)  TOP

オー、ロッド!



最近、ロッド・スチュワートのライブをYou Tubeで見つけた。これがきっかけで、唯一ぼくが持っているアルバムA Spanner in the Worksを聴き返した。1曲1曲が粒ぞろいだ。どれもロッドのオリジナルのように聞こえるが、ほとんどは様々なミュージシャンの楽曲をカバーしている。クリス・レアのWindy Townとか、トム・ペティのLeave Virginia Aloneとか、サム・クックのSoothe Meとか、ボブ・ディランのSweetheart Like Youとか、それほど知られていない佳曲が並ぶ。トム・ウェイツのHang On St. Christopherもカバーしていてこれがなかなかいい。(A Spanner in the Worksでは39分50秒くらい。)
で、図書館でトム・ウェイツのベスト盤を借りてオリジナルを聴いてみた。同じ歌とは思えないくらい違う。あまりにも渋すぎる。歌詞が聞き取れないぼくとしては、このバージョンで初めて聞いたら、完全にスルーしていた。トム・ウェイツはサードアルバムくらいまでは、まだ分かりやすかったと思うが、だんだん難解になっていった。
こうして聴き比べると、ロッドの選曲とアレンジのセンスがいい、というか一般向けなのが分かる。他の曲も、オリジナルで聴くとけっこう地味な曲が多いのかもしれない。
なお、アルバムタイトルA Spanner in the Worksは、throw a spanner in the works(仕事や計画の進行を邪魔する、ぶち壊す)というイディオムからとっている。邦題は本アルバムの7曲目に収録されている曲のタイトルをそのままとって「ユア・ザ・スター」。
ロッドは他にも、ロックのスタンダードをカバーしたアルバムをたくさん出している。だが、このアルバムはオリジナルとカバーが適度に混じっていて、選曲もよい。ロッドのベストアルバムの1枚と言ってもいいのではないか。
聴き返してみてそう思った。

2017/04/16 18:34 | 音楽COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»