FC2ブログ

クジラからペリーへ



ペリーが浦賀に来たとき、幕府の役人はおろおろした。
ペリーに武力で脅されて、不利な条約を押し付けられた。
幕末の幕府の武士たちは無能だった。

教科書でも、司馬遼太郎の小説でも、こういう書き方をしているんじゃないかな。
だから大方の日本人は、そう思っているはずだ。

しかし、それはアメリカ側の資料『ペリーの日本遠征記』に基づいた見方だ。

小説家はさておき、歴史家が、ペリー来航という歴史的な出来事を扱うのに、ペリーが自分に都合のいいように書いている、アメリカ政府に提出した資料だけを基にするのはいかがなものか。
だが、140年もそういう状態が放置されていた。

『墨夷応接録』は、ペリーとの交渉を記した日本側の公式記録だ。
著者によると、幕末を研究する歴史学者にとって、基本文献中の基本文献だという。幕末史の専門家なら皆この資料を読んでいるというのだ。
ところが、何故か一般には全く知られていなかった。歴史学者が紹介しなかったからだ。
何か意図があったとしか思えない。

もう一度言うが、アメリカ側と日本側の資料を読んで、どちらの言い分がより真実に近いのか、同時代の別の資料などを参照しながら探っていくというのが学問ではないのか。
そんなことは、ぼくのような素人でもすぐに考え付く。
日本の歴史学者は何をしてきたのか。

『墨夷応接録』の著者は若い研究者で、もろもろのしがらみがなかったのだろう。
よく紹介してくれたと思う。
『墨夷応接録』の現代語訳が収録されている。これを読んだだけでも、幕府方の交渉に当たった家臣たちがいかに優秀だったか、勇気があったかが分かる。
交渉の中心人物、林大学頭(はやしだいがくのかみ)を始め、本当の学問(当時は儒学)が身についている。学問もあり、人間的にも優れていて、論争にも長けていた。
一介の軍人ペリーなどより、学問でも人間力でもはるかにまさっていたのだ。
武力で脅すペリーに、大学頭は論理で切り返す。
『墨夷応接録』を読んでいると、やり込められて苦り切っているペリーの顔が目に浮かぶ。
幕臣たちは、命を懸けて、ペリーの強引な要求をはねつけ、譲歩を引き出している。
それは同書に収められている「下田追加条約」からも窺える。

おそらくペリーは日本を極東の未開国と侮っていたのだろうが、そうではなかった。
そういう立場から報告書を書いたら、日本のことを悪く書くに決まっている。
だから、『遠征記』はバイアスがかかっていると思って読まなければならない。『墨夷応接録』を読んでいて、日米双方の言い分を知っていた日本の歴史学者たちはいったい何をしていたのだ。猛省してほしい。

さて、ペリーが日本に開港を迫った表向きの理由は、日本近海で操業しているアメリカの捕鯨船が、燃料(石炭)、水食料などを日本で調達するためだった。
そう、ここでクジラが絡んでくる。

しかし、隙あらば日本を侵略しようとしていたという人もいる。
当時の世界の状況から言ってありえないことではない。
しかし、アメリカは1861年から南北戦争に突入する。
それで外国のことなど構っていられなくなった。
そんなことを言う人もいる。

2019/01/31 17:52 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

ショコラ



昨年読み始めた本を、年を越して読み終えた。
タイトルは『ショコラ』。600ページ近い長い本だったが、長さを感じなかった。
キューバのハバナ生まれの奴隷ラファエルが、ご主人の都合でヨーロッパに連れてこられ、いろいろあって、パリでサーカスのクラウンになる。芸名は肌の色から付けられたあだ名ショコラ。
ショコラはベルエポックのパリで唯一の黒人クラウンで、フランス人に絶大の人気があった。
ところが現代では全く忘れ去られていた。というか、葬り去られていた。
ショコラの存在を認めることは、奴隷制度や人種差別があったマイナスの歴史を直視しなければならないから。

アメリカ以外、南米や中米でも黒人奴隷がたくさんいた。ぼくたちはアメリカにしか黒人奴隷はいなかったと思い込んでいるが。そして、これらの地域で奴隷が解放されたのはアメリカよりも遅かった。こういう歴史、学校では習わないよね。

自由主義、人権などと言っても、ほんの100年前まで、黒人に対する差別意識を持っているヨーロッパ人がたくさんいた。本人はそうではないと思っているから厄介だ。今の時点で、フランスの知識人らの言動を見ると、それがよく見える。

ノワリエルは、ヨーロッパ人の無神経さ、差別意識に批判的だ。悪かったものは悪かったと書く。

資料が少ないので、ノワリエルの筆致は想像に傾きがちだ。それが功を奏している。歴史学の枠を超えて、面白い物語になっている。

翻訳もいい。数か所誤植があるし、若い訳者なので日本語表現の誤用もあるが。
以前取り上げた『塗りつぶされた町』の翻訳よりも面白く読める。

2019/01/08 21:30 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

さよなら、田中さん



鈴木るりかの『さよなら、田中さん』を読んだ。田中さん母娘が出てくる短篇が5つ、連作で入っている。
最初の4つは、娘の花実が語り手。最後の「さよなら、田中さん」は、同級生の三上君が語る。鈴木るりかは、小学4年生、5年生、6年生と「12歳の文学賞」の大賞を3年連続で受賞した。
「いつかどこかで」は6年生の時の受賞作。「Dランドは遠い」は4年生の時の受賞作。
大幅に改稿しているとのことだが、鈴木は2003年生まれだから、まだ15歳だ。
子供が書いたものとはとても思えない。
文章がしっかりしている。
適度なユーモアもある。
比喩表現が上手い。
ほろりとさせる。
キャラクターの描き分けがしっかりしている。特に、花実の母親が魅力的に描かれている。
なによりいいのは、人生を肯定的にとらえている点。

実は、少し前に宮澤賢治の父親を描いた直木賞受賞作を読もうとして、3ページくらいで放り出した。一見上手そうに見えるように書いているが、空疎な文体。人間の描き方が浅く、非常に薄っぺらなキャラクター造形などなど。
読んでブログに書こうとしたのだが、断念した。
鈴木るりかを読んでいたら、この直木賞受賞作を思い出した。

生まれ持ったものは、いかんともしがたい。
ほんとうに残念だが、ヘミングウェイの言葉を流用するなら、「持てる者と持たざる者」は確実にいる。

2018/12/12 21:52 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

アレクサ



伊藤比呂美の詩は、好き嫌いが分かれるだろうな。ぼくは昔から好きだが。
あからさまな性描写がある。(実は、余りにもあからさまで即物的なので、嫌らしいという感じはしない。)
そして、死、死骸、腐乱、排泄物のグロテスクな描写。これは人によっては耐え難いかも。
『河原荒草』は主に散文詩集だが、ストーリーがある。
語り手の母親はアメリカの男と結婚する。結婚相手はほどなくして死ぬ。そして遺体は放置される。放置した遺体の腐臭が耐え難くなると、母親は、子どもたちを連れて日本に帰ってきて、前に結婚していた男の家(この男が語り手の女の子の父親)に住む。日本人の父親も、母親がアメリカに行く前に、すでに死骸と成り果てていたのだが。
時々ある猟奇事件を借りて、伊藤比呂美の心象風景を描いているのか。よく分からないが、伊藤が繰り出してくる言葉が読む者を引き付ける。

ニール・ヤングの詞が出てきた。アルバム『ハーヴェスト』からOut on the Weekend
『ハーヴェスト』はレコードの頃から聞いているのに、歌詞が聞こえていなかった。改めて聴いてみると、なかなかいい歌。ニール・ヤングはどちらかというと歌詞だよね。

2018/11/16 18:04 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

“こてこて”のイギリス



今月のクリスティ・プロジェクトは、この1冊。

『牧師館の殺人』はミス・マープル物の最初の長編である。
犯人の設定がポアロ物の長編第1作『スタイルズ荘の怪事件』と同工異曲だ。『牧師館の殺人』という作品そのものは面白いけど、ちょっと似すぎている気もする。
解説によると、クリスティーはマープル物を続ける気はなく、2作目を書いたのは、『牧師館の殺人』から10年以上たってからだという。
シリーズ化するつもりがなかったので、手を抜いたのか。

いかにもイギリスらしい村に、いかにもイギリスらしい人々が住んでいる。
退役軍人に考古学者、牧師に牧師補、医者、そして詮索好きの老嬢たち。もちろん若者と若い娘もいる。
これらの人々の言動を描くのがクリスティーの眼目でもあるのだろう。
いや、こうしたイギリス的な人々は、クリスティーにとっては当たり前のキャラクターだったのかもしれない。だから最初は1作でやめた?
ぼくたち読者がイギリス的で面白いと言い出したので、クリスティーは続編を書き続けたのかもね。
マープル物では、濃厚なイギリスらしさが堪能できる。
ぼくのようなイギリスびいきには、たまらない。

2018/11/07 18:22 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»