フレンチポップ 2



フレンチポップのベスト盤CDを図書館で借りた。
シルヴィー・バヴァルタンがレイ・チャールの「ホワット・アイ・セイ」をカバーしていたり、日本ではあまり知られていないシンガーが、ホリーズの「バス・ストップ」をカバーしていたりと、フランスでも意外に多くの英米のヒット曲がカバーされている。歌詞はフランス語だが。
シルヴィ―・ヴァルタンは、けっこうたくさんカバーしていて、ビーチボーイズの「スループ・ジョン・B」などというそれほど有名でない曲や、ロイ・オービソンの「オー・プリティー・ウーマン」までカバーしている。歌詞はフランス語。
60年代、70年代は、英米のヒット曲が世界を席巻していたのですね。
日本でも日本語の歌詞を付けたアメリカンポップスが流行った時期があったが、フランスでも同じようにフランス語の歌詞を付けて歌っているのが、面白い。
おなじみのメロディでも、フランス語の歌詞で聴くと印象が変わって、面白い。

2015/03/23 17:57 | 音楽COMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»