FC2ブログ

ジュ・テーム…モア・ノン・プリュ



NHKの朝ドラ「まれ」を見ていたら、「ジュ・テーム…モア・ノン・プリュ」という名前のケーキが出てきた。セルジュ・ゲンズブールの歌のタイトルみたいだな、と思って見ているとやはりそうだった。

脚本家が好きなのだろうか。朝のこの時間に、こんなところでゲンズブールの歌声が聴けるとは思わなかった。そして、1週間このテーマで引っ張ったから、ゲンズブールの歌声が何度も流れた。ファンのぼくとしてはうれしい限りだ。ゲンズブールの声がテレビでこんなに頻繁に流れたことは、今までにないのではないだろうか。

ドラマでは婉曲に官能的といっていたが、例によって、この歌の歌詞もエロティックだ。しかも、これはゲンズブールの歌の中でも、かなり猥褻な歌だ。もしこの歌を聴いていた(日本に住んでいる)フランス人がいたら、顔を赤らめたことだろう。近くに子供がいたらチャンネルを変えていたかもしれない。
それくらい卑猥な歌なのだが、いやらしさもここまでくると、なんだか笑ってしまう。

これは、ゲンズブールがブリジット・バルドーのために書いた曲だ。当時2人は付き合っていた。2人でレコーディングはしたようだが、バルドーの夫の反対で、発売されなかったと、ぼくが持っているCDの解説には書いてある。だが、you tubeで検索すると、バルドーが歌っているものが出てくる。
ぼくが知っていたのはゲンズブールと妻のジェーン・バーキンが歌っているもの。これもまた違った意味で官能的だ。

ま、どちらにしても、ゲンズブールが出てきて、結局は喜んだのであった。

2015/06/27 19:09 | 音楽COMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»