伊勢の40段



古典の問題集を解いていたら『伊勢物語』の40段が問題として使われていた。
男が、そう悪くはない女を好きになった。ところが、心配した両親は、深い仲にならないうちにこの女を、人に頼んでどこかへ連れて行かせてしまう。男はまだ若く親がかりで、女は身分が低かったので、男も女もなすすべがなかった。そこで男が一首詠む。

いでていなば 誰(たれ)か別れの 難(かた)からん
ありしにまさる 今日(けふ)はかなしも

この歌の解釈が問題だ。
古典の問題集の解説、角川のビギナーズ・クラシックス『伊勢物語』、新明解古典シリーズ3『伊勢物語 大和物語』(三省堂)、あるいは図書館で借りた最新の注釈書『伊勢物語評解』(鈴木日出男)や『新校注伊勢物語』(片桐洋一、田中まき)、そして新潮日本古典集成、小学館の古典文学全集、さらに英訳本THE ISE STORIES(2010年)でも、この歌の解釈が皆同じになっている。
えっ、みんな同じでいいんじゃないの? いう声が聞こえてきそうだ。
しかし、ぼくはこの解釈に納得がいかないんですよね。ぼくは、角川ソフィア文庫の石田穣二の解釈が納得できると思うが、この解釈を取っているのは、昭和62年に右文書院から出ている、1600ページを超える大部の研究書『伊勢物語全評釈』しかない。

で、先の古典問題集の解答と解説を読むと、ビギナーズ・クラシックス等の解釈では、上手く説明できない問題がある。にもかかわらず、和歌の解釈に合わせて解答を書いているので無理がある。古典ができる高校生なら、疑問を持つだろう。解答が間違っているはずはないのに、どうも納得できないと、悩むだろう。できる子にとって、こういう解説は迷惑なのだ。問題を作っている人は、様々な研究書に当たるのはもちろんだが、自分の頭で考えてほしいと思う。
いくつかの注釈書は、この和歌の解釈は難しいと書いている。「いでていなば」の意味がよくわからないと言っているものもある。40段はそもそも問題文に向いていないのである。

また、角川のビギナーズ・クラシックの現代語訳はいただけない。
「女が自分から出て行くのなら、だれが別れ難く思うだろうか。(まだ諦めもつく。むりやり連れて行かれたのだから)。同じ家にいて逢えなかった今まで以上に、今日は何とも悲しいなあ。
最初に、「女が自分から出て行くのなら」と言っているのに、括弧の中で「むりやり連れて行かれたのだから」と言っているのはどういうことか。
ビギナーには分からないだろう(ぼくも分からないが)。
それに、この歌は、女が無理矢理連れて行かれてしまった時、男が血の涙を流して詠んだ歌なのに、「今日は何とも悲しいなあ」なんて暢気な口調でいいのか。

この歌の解釈について書くと長くなるので、とりあえずこの辺でひとまず筆を擱く。

2017/08/08 21:47 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |