FC2ブログ

春を信じて



CDラジカセの調子が悪いので、久しぶりに電機店のオーディオコーナーに行った。安くて性能のいいプレーヤーがたくさん出ていた。以前から欲しかった、USBメモリーがさせるものを買った。
CDやUSBの音がいいのはもちろんだが、昔録音したテープを聴き返したら、わりといい音で再生された。これはいい、とあれこれかけていたら、ビル・エヴァンスのアルバムYou must believe in springを録音したテープが出てきた。
何気なく聞いていると2曲目のYou must believe in springのメロディに聞き覚えがある。これって、『ロシュフォールの恋人たち』に出てくる「マクサンスの歌」が元歌だったんですね。ビル・エヴァンスのアルバムは昔から聞いている。You must believe in springのメロディも当然馴染みがある。だから、後年ぼくは『ロシュフォールの恋人たち』に出会ったとき、すぐに好きになったのだ、と今気が付いた。
You must believe in springは、直訳すると「あなたは春の存在を信じなければならない」という意味。つまり、「春は必ずめぐって来る」ということ。
このメロディには英語の歌詞がついている。今は雪が降っていて寒いけれど、必ず春がやってくるように、必ず愛もやって来る……といった内容だ。なんだか、シェリーの「冬来たりなば、春遠からじ」みたいだなと思って読んでいくと、なんと、シェリーの句をそっくり引用しているではないか。びつくり。
歌い出しはこんな風。
When lonely feelings chill
The meadows of your mind,
Just think if Winter comes,
Can Spring be far behind?
大意を取ると、「孤独で心が寒い時は、冬の次には春が来る、と考えたらどうなか」くらいか。If Winter comes, can Spring be far behind? (冬来たりなば、春遠からじ)がシェリーからの引用だ。冬と春が大文字になっているのは、擬人化しているから。Can Spring be far behind?は、いわゆる修辞疑問。「冬さん」が来るなら、「春さん」だってずっと遠くにいるだろうか(いやいない、すぐ近くにいるだろう)という感じですかね。

2017/11/17 22:11 | 音楽COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |