FC2ブログ

馬琴日記



少し前に図書館に行ったら、新刊コーナーに『曲亭馬琴日記』別巻というのが1冊だけ並んでいた。ペラペラめくってみると索引の巻らしい。肝心の日記はないのかと思い、検索してみたが見当たらなかった。別巻だけ借りる人がいるのか、と思ったのでよく覚えている。
今日、図書館に行ったら、日記が6巻ほど、別巻と一緒に新刊コーナーに出ていた。別巻を先に買ったのですね。
馬琴と言えば『八犬伝』くらいしか知らないが、漢字が並んでいて面白そうなので、第1巻を借りてきた。特に何かの役に立つということもないし、物好きが過ぎるかもしれないが、
そもそもぼくの読書は「物好き」以外の何物でもないのだから、ま、いいだろう。
「まえがき」を読む。
30年ほど前、早稲田大学図書館で所蔵していた馬琴の日記の版本を翻刻した。様々な事情でそれが未完になっていたので、当時の編者の中でただ一人存命だった柴田光彦が再編集を依頼されて完成したものだ。中央公論新社の創業20周年記念事業だという。
旧版の編者の中に懐かしい名前を見つけた。早稲田の教授だった暉峻康隆。ぼくが学生の頃、西鶴の注釈者としてよく目にした。
こういう地道な仕事を手堅くやっている学者たちがいるんですね。
頭が下がる。

2018/04/14 17:49 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»