FC2ブログ

ミス・シンシア



ある会合で、英語で書いたり話したりする際、名前にMr. Mrs. Missを付けるのは有りか無しかという話になった。例えば、Mr. Taroなどというのは、おかしいという意見と、言えるという意見が出た。
言えるという人たちは、実際に外国人(必ずしも英語のネイティブではない)に対して使っているが、おかしいと言われたことはないとか、イギリスに留学していたとき、友人同士ではMr. Johnなどと呼んでいたのを聞いたことがあるとか、実体験から、Mr. Mrs. Missをファーストネームに付けて使えるという主張をした。

外国人におかしいと言われないからといってそれが正しいとは限らない。ぼくたちだって、外国人が話す日本語をいちいち正してやるわけではない。むしろ、ほとんどの場合、間違いを指摘しないだろう。
では、イギリス留学の経験はどうか。これは反論しようがない。
しかしこれは、ごく親しい間柄で、冗談半分に使っているように思われる。日本語で言うなら、ごく親しい友達の間で、「花子氏」とか、「山田ちゃん」などと呼ぶようなものか。
つまり、ぼくが言いたいのは、言葉というものは、シチュエーションによってはどんな言い方でもできるということだ。特に、冗談ならば、文法的に逸脱していても、間違った内容でさえも、許される。というか、だから冗談なんだよね。

この会合のあとで、居合わせた1人の方から、英会話の参考書に次のような説明があったとメールをいただいた。
「現代社会ではファーストネームにMr. Mrs. Missを付けません。付けると、召使いが主人に話しかけているように聞こえます。
・Miss Scarlet スカーレットお嬢様
・Mr. Takahiro 貴弘坊ちゃま」

これで思い出すのが『風と共に去りぬ』(1936)。召使いがスカーレット・オハラを「ミス・スカーレット」と呼んでいましたね。南北戦争時代のアメリカ南部では、「召使いが主人に話しかける」ときこう言ったのだろう。
ところが、『スタイルズ荘の怪事件』(1920)では、この物語の語り手で、客としてスタイルズ荘に招待されたヘイスティングズ大尉が、女主人エミリーの旧友の娘シンシア・ハワードに向かって、ミス・シンシアと呼びかけている。ポアロも「マドモアゼル・シンシア」と、ファーストネームにマドモアゼルを付けて読んでいる。(フランス語では、ファーストネームにマドモアゼルが付けられるのかどうか、ぼくには分からない。)

『スタイルズ荘』はクリスティのデビュー作で1920年に書かれた。『風と共に去りぬ』は1936年と、書かれたのは『スタイルズ荘』より遅いが、舞台は南北戦争時代(1860年代前半)のアメリカだから、「ミス・スカーレット」と書いているのだろう。
イギリスでは、1920年代には若い女性にミス・シンシアと呼びかけても違和感がなかったのか、クリスティだけの言い方なのか、またはある階級特有の言い方なのか。『スタイルズ荘』の「ミス・シンシア」という例だけでは分からない。

そう言えば、日本でも昔、お笑い芸人でミス ワカナという人がいた。
NHKの朝ドラではミス リリコだったが。
これはどこから来ているのだろう。

2018/06/16 20:44 | 語学COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |