レオン・ラッセルを聴きかえす



最近you tube でレオンのライブを見つけた。テレビ用のコンサートらしい。
これが素晴らしかった。
最初はピアノの弾き語りで2、3曲歌う。ここで歌われているA Song For Youが絶品だ(3:50のあたり)。
カーペンターズのカバーはかなり甘口だが、レオン・ラッセルはセクシーだ。
鼻を鳴らしたり、だみ声を作ったりと、かなり独特の唱法だが、聴き込むとこれが病みつきになる。細野晴臣とか、桑田圭祐とかは、この歌い方の影響を受けているに違いない。
ピアノの伴奏も、歌と付かず離れずで、素晴らしい。
レオン・ラッセルはどちらかというと、ソングライターとして知られているかもしれないが、ぼくにとってはアルバム『カーニー』や『鬼火Will O' the Wisp』のレオンが、レオン・ラッセルのイメージなのである。
This MasqueradeとSuperstarは、カーペンターズのカバーであまりにも有名。

2016/03/12 13:24 | 音楽COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |