シャンソンの名曲1



図書館で検索していたら、10枚組の『シャンソン名曲大全集』というCDがあった。早速、第1巻と第2巻を借りてみた。永田文夫による分厚い解説書が付いてきた。歌詞カード、訳詞、収録されている歌手の略歴、曲の紹介と、かなり詳しい。
いまのところ、1、2、3、4巻と9、10巻を聴いたが、1枚のCDに1曲か2曲は聞き覚えのある歌がある。昔からシャンソンに興味はあったが、わざわざレコードを買ってまで聴くことはなかった。ほとんどはNHKFMなどからの聞きかじりだ。ということは、逆に言えば、ぼくのセンサーに引っかかった曲は日本でもかなりヒットした曲ということになる。
もちろん、「オー・シャンゼリゼ」とか、「夢見るシャンソン人形」とか、日本でもよく知られている曲も入っている。以前紹介した、サーカスの「Mr.サマータイム」の元歌、「愛の歴史」も入っている。また、「ラストダンスは私に」や「花祭り」なども、シャンソンとして歌われている。
「聞かせてよ、愛の言葉を」「待ちましょう」「暗い日曜日」「パリ祭」「あじさい娘」など、曲名だけ知っていて、メロディはほとんど知らない曲もある。
「そして今は」(グロリア・ロッソ)は、なんとなく聞いたことがあると思った。調べてみたら、オリジナルはジルベール・ベコーだった。「リラの花咲く頃」は宝塚で知られている、「すみれの花の咲く頃」の元歌だ。
第3巻の1曲目に入っている「幸せを売る男」というのも聞き覚えがある。♪おいら街の 幸せ売りよ~というやつですね。と思ってYou Tubeで検索してみると、越路吹雪やザ・ピーナツは歌詞が違う。宝塚や先代の林家三平も越路吹雪バージョンで歌っている。田辺優理子、別府葉子などは、♪おいらは街の 幸せ売りよ~と歌っている。「幸せを売る男」と言ったらこれだろう。越路吹雪なんか知らねえよ……と、言いたいところだが、皆さんはどうだろう。
ぼくが聞きおぼえていたのは、高英男のバージョンだったらしい。珍しいところで、女優宮城まり子も「幸せを売る男」を歌っているが、高英男バージョンを採用している。しかし、宮城は「おいら」ではなく「私」と歌っている。You Tubeで検索すると、越路派と高派と半々くらいに分かれるが、どちらのバージョンも何故か女性が歌っていることが多く、ほとんどが「私」と歌っている。男性も一人いるが「私」と歌っている。「おいら」を採用しているのは、ぼくが聞いた限りでは、田辺優理子だけだ。いわゆる「刷り込み」というやつで、ぼくは最初に聞いた「おいら街の 幸せ売りよ」がベストだと思うが、いまどき自分のことを「おいら」なんて言うのは北野武くらいしかいないからなあ。
You Tubeで良く聴くと、越路、高の歌詞とは違う、第3のバージョンもあるようだ。

2017/06/27 21:51 | 音楽COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |