FC2ブログ

雑感4



民進党を解党するとき、民進党に残ると言った議員が一人もいなかった。
これには驚いた。
たとえ選挙で負けても民進党から出る、という議員がいてもよかったのではないか。
と思っていたら、今日の記者会見だ。
入れてもらえないから党を作るよりはカッコよかったのになあ。

NHKの大河ドラマ『真田丸』の最初の方で、平岳大演じる武田勝頼を騙して死に追いやる家来の役、温水さんがやっていましたね。約束通り殿を騙して死に追いやったと、敵方の大将のところに報告に行ったら、仲間に入れてもらうどころか切られてしまう。敵の大将のセリフがフルッテいた。主君を裏切るような奴と組めるか!
時代小説とか、孫子の兵法とか、政治家のお得意だったのは、昔の話か。大河さえ見ないのか。政治家ならもっと歴史に学んだ方がいいのでは。

小池、都知事やめるってよ、ってなことになるかもしれないが、国政では風が吹くかな。

2017/10/02 17:37 | エッセイCOMMENT(2)  TOP

コメント

コメントありがとうございます。
大河ドラマの例は、どちらかというと「希望」に移った人たちの方かな。枝野さんの方が節を枉げていないですよね。
これはあくまでぼくの語感ですが、「希望の党」より「立憲民主党」のほうがかっこよく響きますね。
昔、立憲改進党というのがあったような……

No:51 2017/10/05 16:52 | desultory #- URL [ 編集 ]

うーん、解党するか、しないかの段階で、決めるべきことで、解党が決まってしまったのに、残るというのはありえない選択なのではないですか?新しく党を作った人たちが、いわば旧民進党に残った人たちだと考えていますけど。自民党が選挙に有利だと、急に解散総選挙をいいだしたのも変。内閣改造したばっかりなのに、また税金をかけて選挙?!という声もあるし。これが孫子の兵法を学んだ政治家の姿なんですかね。敵の準備が整う前に攻撃(?)まあ、戦争に大義は必要ないか...

No:50 2017/10/05 13:58 | Keity** #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |