FC2ブログ

Dream a little dream of you



夢のカリフォルニア』、『マンデーマンデー』などのヒットで知られるママス&パパス。カセットテープに録音した音源を聴いていたら、聞き覚えのあるメロディに出くわした。
調べてみると、Dream a little dream of youという曲だった。
例によって、記憶をたどって思い出してみると、エンゾ・エンゾのベスト盤に行きついた。2曲目にles yeux ouvertsという曲が入っている。邦題は「夢の中の愛」。Dream a little dream of youにエンゾ・エンゾがフランス語の詞を付けて歌っている。ママパパと同じようなテンポなのだが、ずいぶん印象が違う。もとは古いジャズのスタンダードナンバーらしい。

60年代にぼくが音楽を聴き始めた頃には、ママパパはまだ活動していたと思うが、何故かリアルタイムで聴くことはなかった。ずいぶん後になって、図書館でCDを借りて録音したのが今回のカセットテープ。ほかにビートルズのI call your nameもカバーしている。
Dream a little dream of youとI call your nameでリードボーカルをとっているママ・キャス・エリオットは、若くして亡くなっている。4人の中では、一番歌が上手かった。
もう1人の女性ボーカル、ミシェル・フィリップスは、女優として今でも活動している。
ウィルソン・フィリップスという女性3人組のグループは、フィリップスの娘1人と、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンの娘2人から成る。残念ながらこの3人、生で歌うとあまり上手くない。ミシェルの娘はともかく、ブライアンの娘はもっと上手くてもいいのにな。

「夢のカリフォルニア」と言ったら、ぼくにとっては、ホセ・フェエリシアーノの歌か、ジョージ・ベンソンのギター演奏なのだが、オリジナルは、ママス&パパスなんですね。作ったのは、ジョン・フィリップスとミシェル・フィリップスだ。

2017/10/14 18:10 | 音楽COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |