FC2ブログ

朝飯前



週に一度の英会話の授業で、a piece of cakeというイディオムが話題になった。日本では、It’s a piece of cake!(そんなことは朝飯前だ。)などと習うが、イギリスではどうかと先生に聞いたら、そのイディオムは知っているが、自分では使わないし、誰かが使ったのを聞いたこともないという。
これはかなり手垢のついたイディオムらしい。日本語の「サルも木から落ちる」や「河童の川流れ」の類か。
同じ授業でa piece of the pieという表現が出てきて、こちらは「分け前の一切れ」という意味だという。日本でも最近、限られた市場で同業者が利益を奪い合うことを「パイの奪い合い」といいますよね。パイの大きさ(市場の大きさ)が決まっているから、どれだけ大きな一切れを取れるか、奪い合うわけだ。
で、誰かがこれを混同して、朝飯前をa piece of pieと言った。こういう言い方はないと、ネイティブの先生は言うのだが、pieを「易しい」という意味に使っている歌を思い出した。
それはハリー・ニルソンのOpen Your Windowという曲。
ニルソンは
Takin’ it easy as easy as pie
と歌っている。これは「パイみたいに気楽に行こう」という意味かな。この場合のeasyは「気楽な」とか、「落ち着いた」とかいう意味で使っている。
しかし2番では、
Livin’ is easy as easy as pie.
と歌う。これは「人生は気楽だ」とも取れるが、「生きることはパイみたいに簡単だ」とも取れないか。
うーん。ちょっと無理かな。

どちらにしても、Open Your Windowはいい歌ですよね。

2017/12/23 18:16 | 語学COMMENT(2)  TOP

コメント

Re: タイトルなし

そうですね。食べるのなら簡単です。
あまくてペロッと食べられるから、easyなんですね。

No:57 2017/12/30 17:56 | desultory #- URL [ 編集 ]

そういえば、そんなこともありましたね。
pie もcakeも作るのは大変で、A piece of cakeとは言えないけれども。あっ、そうか食べるのかな?だったら簡単かな、ケーキ。

No:56 2017/12/29 21:34 | Keity** #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |