FC2ブログ

詩人なんて呼ばれて



70年代から80年代くらいまでは、県立図書館の東側の壁一面の本棚が現代詩の詩集で埋まっていた。(今では経済関係の本で埋まっている。)左端から順に借りて行って、壁一面の詩集を読みつくした記憶がある――といっても、誰を読んだかあまり覚えていないのだが。ただ音楽を聴くように次から次へと読んでいったんじゃないかな。
谷川俊太郎のインタビュー集『詩人なんて呼ばれて』を読んでいると、現代の詩人の名前がたくさん出てくる。そのほとんどをぼくは読んでいるが、どんな詩だったかはほとんど覚えていない。音楽を聴くように読んでいたから。
この本では、インタビュアーの尾崎真理子が各章ごとに、現代詩における谷川の仕事などを解説している。これがよくできている。2章の解説はミニ現代詩史になっていて、谷川の占める位置が的確にとらえられている。
3章では村上春樹と谷川を比較しながら論じている。村上と谷川は資質的にも、文壇と詩壇での立ち位置的にも、似ているという。今までこういうことを言う人はいなかったような気がする。尾崎の指摘は面白いし、当たっていると思う。

谷川は売れる詩を書いているということで詩壇からは快く思われていなかったという。詩壇に興味がなかったので、ぼくは知らなかった。谷川は最初から好きだったし。
谷川を評価したのは大江健三郎であり、丸谷才一や山崎正和であり、大岡信だった。

「荒地」世代の詩人はいったん伝統と切れた。
今から見ると、これがエリオットを十全に理解できなかった要因かもしれない。
伝統の上に文学が成り立つというのがエリオットの意見だから。
エリオットの詩は読んだかもしれないが、評論は読まなかったのかもしれない。
エリオットの伝統主義、古典主義を標榜するのは、日本では丸谷才一などであった。その丸谷が谷川を買っているのが面白い。

谷川は詩論を展開するのではなく、その考えを実作で示し、成功した。

2018/01/19 22:20 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |