FC2ブログ

迷信 2



スティーヴィー・ワンダーの『迷信』(Superstition)をYou Tubeで検索したら、ベック、ボガート&アピスが演奏している『迷信』の映像が出てきた。
そう言えば、BB&Aの『迷信』があった。昔はレコードを持っていた、確かCDも買ったはず、と、探してみると、CDケースの奥から出てきた。
これは学生時代に後輩がレコードを持っていて、薦められて聴いた1枚だ。当時から3大ギタリストというのがあって、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックだったわけだが、ぼくはそれほどジェフ・ベックには興味がなかった。
クラプトンはクリーム、ペイジはレッド・ツェッペリンと、それぞれビッグなバンドのギタリストだったけれど、ベックのバンドは次々とメンバーを替え、長続きしたためしがなかった。そのためベックと言えばこれ、というものがなかったと思う。

しかし、このアルバムは結構聴いたかな。
ジェフは歌えないので、BB&Aのボーカルは、ベースのティムボガートとドラムスのカーマイン・アピスだった。ぼくら“ドラム小僧”は、アピスのドラミングを真似たものだ。ハイハットをシャッシャッと閉じながら、同時にバスドラを打つ、というスタイルがかっこよかった。You Tubeの映像でも随所でこのたたき方をしている。
アピスとボガートは、スプリームスのカバー、キープ・ミー・ハンギン・オンでお馴染みのバニラファッジのメンバーだった。

で、歌詞を見てみると、2番がスティーヴィーのヴァージョンと違う。
スティーヴィーは、オレに白昼夢を見たままでいさせてくれとか、お前は俺を助けたくないんだろうとか、言っていて、ぼくのように拡大解釈すれば、love songとも取れる、かもしれないが、BB&Aは2番でも、机の上に靴を置くとか、床に置いた箒越しに見るとか、家の中で傘を開くなとか、不吉な迷信を挙げているだけだ。
このアルバムの一曲目は「黒猫の叫び」という曲だ。当時は、「おどろおどろしさ」もロックの一部だったように思う。

2018/06/10 19:18 | 音楽COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |