周作人読書雑記 1



周作人は魯迅の弟だ。
魯迅の『故郷』は中学の全ての国語の教科書に載っているというから、魯迅という名前に聞き覚えのある方も多いだろう。
代表作は、『狂人日記』や『阿Q正伝』など。今でも文庫本で出ている。
ぼくが高校生の頃は、竹内好の訳で魯迅の作品がたくさん出ていて、わりと読まれていたんじゃないかしら。
今はどうなのだろうか。教科書だけの作家?

教科書だけの作家と言えば、ロシアの作家ガルシンの『信号』とか、ヘッセの『少年の日の思い出』とか、いまでも教科書に載っているのだろうか。
前から疑問に思っていたのだが、日本人の作家は、漱石・鷗外を始めとして、名の知れた作家の作品を取り上げるのに、どうして外国文学は、マイナーな人たちばかり取り上げるのだろう。

魯迅と言えば、太宰の『惜別』がある。これは太宰のなかでもぼくの好きな作品で……

弟の方に話が戻ります。
周作人も文学者だった。中国語の他に日本語と英語が読めた。
『周作人読書雑記1』には、107のエッセイが収められている。すべて本に関する文章だ。日本文学やギリシア・ローマの古典まで取り上げられているが、なんといっても圧巻は中国の古今の書籍について書いているところだろう。ぼくたちは四書五経や唐詩、あるいは史記、漢書などの歴史書くらいしか知らないが、中国では古来おびただしい書籍が出ている。周作人が取り上げる中国の書物のタイトルは聞いたことのないものばかり。『扶桑両月記』とか、『和陶詩』とか、『爾雅義疏』とか、『東萊左氏博義』とか、『河渭間集選』とか、この中の1つでも読んだことがある人は、かなりの中国文学通だろう。
これら日本では全く知られていない書物の紹介文はどれも興味深いが、ぼくが特に興味を引かれたのは、禁書目録の章だ。

長くなりそうなので、次回に続く。

2018/06/15 15:01 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |