FC2ブログ

さよなら、田中さん



鈴木るりかの『さよなら、田中さん』を読んだ。田中さん母娘が出てくる短篇が5つ、連作で入っている。
最初の4つは、娘の花実が語り手。最後の「さよなら、田中さん」は、同級生の三上君が語る。鈴木るりかは、小学4年生、5年生、6年生と「12歳の文学賞」の大賞を3年連続で受賞した。
「いつかどこかで」は6年生の時の受賞作。「Dランドは遠い」は4年生の時の受賞作。
大幅に改稿しているとのことだが、鈴木は2003年生まれだから、まだ15歳だ。
子供が書いたものとはとても思えない。
文章がしっかりしている。
適度なユーモアもある。
比喩表現が上手い。
ほろりとさせる。
キャラクターの描き分けがしっかりしている。特に、花実の母親が魅力的に描かれている。
なによりいいのは、人生を肯定的にとらえている点。

実は、少し前に宮澤賢治の父親を描いた直木賞受賞作を読もうとして、3ページくらいで放り出した。一見上手そうに見えるように書いているが、空疎な文体。人間の描き方が浅く、非常に薄っぺらなキャラクター造形などなど。
読んでブログに書こうとしたのだが、断念した。
鈴木るりかを読んでいたら、この直木賞受賞作を思い出した。

生まれ持ったものは、いかんともしがたい。
ほんとうに残念だが、ヘミングウェイの言葉を流用するなら、「持てる者と持たざる者」は確実にいる。

2018/12/12 21:52 | 本の紹介COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |