FC2ブログ

令の例



桜の時期だから、いっそ「桜花」とでもしたらどうか、なんて冗談を言っていたら、梅の花にゆかりの年号になりましたね。
皆さんいろいろ予想していたようだけれど、ぼくの冗談の予想の方が少しかすったみたいです。

それにしても万葉集の歌の序文で、しかも2つの漢字がこんなに離れていては誰も当てることはできなかった。ていうか、当たらないようにするにはこうするしかなかったのかもしれないけれど。
専門家と素人の違いを見せつけられた気がします。

万葉集巻第五には、山上憶良の「しろがねも くがねも玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも」とか、「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲ばゆ……」とか、教科書で習う歌も入っていますが、旅人の方を取りましたか。

で、テレビに専門家と称する男性が出ていて(歴史か何かの先生?)、「令」という字が付く名前は知らないとかなんとか言っていましたが、この人ほんとに文科系の学科の先生か。

令の字が付く名前と言えば、女優の団令子がいる。西洋古典学の藤沢令夫もいる。藤沢はプラトンの翻訳で有名。翻訳が岩波文庫にも入っている。
文科系の学者で、団玲子も藤沢令夫も知らないのはダメじゃない?

2019/04/05 17:35 | エッセイCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |